DCマイスター資格認定者がお取り扱う確定拠出年金のプランのご提供、業務支援を行う会社です。



 DCサポートセンターは、DCマイスター資格認定者に確定拠出年金のプランを提供、業務支援を行う会社です。
 SBIベネフィット・システムズ株式会社が運営管理機関を務める総合型プランをDCマイスターに提供しています。




それでは、何故、給与減額を伴う選択制DCにおける、「三方よし」が可能なのか?


答えは・・・

「拠出資産の運用責任を加入者自身が負い、かつ、老後資金に使う(原則60歳以降に
のみ給付開始する)ことを前提に国が積極的に税制等優遇を設定しているから」です。

経営者(役員)
従業員
会社

の「三方よし」は、国の負担(税制等優遇)があって初めてなりたっているのです。

そもそも、選択制DC自体は、事前(同時)の給与減額調整を前提としているものではありません。

但し、せっかく設けられた税制優遇枠(DC)のメリットを中小零細企業及びその従業者が享受する
には、給与減額を併用しながらの導入が制度導入(会社負担)の観点からからは重要なファクター
となっております。

「選択制ならDCマイスター」
上記スキームでの企業型DC導入を一番多く取り扱っている団体がDCマイスター協会であります。

と、いうことは、

日本で一番多くの「三方よし」を中小零細企業にお届けしているのが、「DCマイスター」です。



さて、DCサポートセンターでは、DCマイスターが「じぶん退職金」の普及することのサポートを行っています。
「じぶん退職金」 とは、
①所属する会社等の意向に関係なく、自らの意思によって将来の為の準備が可能
②退職金積立制度のうち税制優遇措置が伴うもの
であり、DCマイスターが扱う制度としては、選択制確定拠出年金(企業型DC)、iDeCo(個人型DC)、小規模共済制度があります。